No.16 癒しの小部屋(バックナンバー)

2020年2月28日金曜日

t f B! P L
walkeriana の開花は200株に達し、ピークを過ぎたようです。今回はその中で印象に残った花を紹介します。

1. C. walkeriana fma. perola ‘Pinpoint’
 佐野園芸の交配です。初花でちょっと大きめのスポットが入ったので他のきょうだいと区別するために付けた仮の名前です。リップがきれいです。


2. C. walkeriana fma. perola-amoena ‘Shiratama’
 同じく佐野園芸の交配です。きょうだい株から形の良い赤花も咲いたのでそれぞれ白玉、赤玉と仮の名前を付けました。因みに白玉は真珠の古語です。


3. C. walkeriana fma. perola-lineata GM#1
 蘭友が交配した 'Gifu’x 'MLP' の一番花です。母木そのものより、そのきょうだいにそっくりですが、 'MLP' の血が入って叔母さん達?よりふっくらしました。


4. C. walkeriana fma. rubra ‘Samburu’
 和歌山オーキッドの交配で以前に紹介した 'Maasai' のきょうだいです。マサイ族に極近い民族で同じく赤い衣装を好むと紹介されていたのでこの名を付けました。やはりコラムまで真っ赤でしょ!


5. C. walkeriana tipo ‘X’
 黒柳園芸の雫変異個体同士の交配です。残念ながら雫は出ませんでしたが濃いtipoが咲きました。 リップのしゃくれが残念ですが ・ ・ ・名前を考えている最中です。


6. C. walkeriana tipo ‘MK273’
 20年ぐらい前に一世風靡した名交配 'Touceira' x 'AJC' で、蘭友が選抜しました。flamea ということでしたが flamea は出ませんでした。しかし小輪ながら味のある私の好きなタイプの花です。

このブログを検索

ブログ アーカイブ

癒しの小部屋 R3-3

 年明け後、早速の連休で年寄りには有難いです。一日休んでちょっと元気になったので今期の花の紹介を続けます。今回は雫変異個体を紹介します。遺伝的に不安定な故、特有の現象も発生するので後半で少し紹介、言及したいと思います。 先ずは perola から 1. Honey Drop #1...

QooQ